Sunday, August 11, 2019

KEA (Kali, Eskrima, Arnis)

Kali, Eskrima/Escrima, and Arnis are pretty much the same thing and only different in name.
I like to call it KEA just to simplify things.

KEA is part of FMA (Filipino Martial Arts).

Here is the curriculum breakdown for those interested in learning this art.
Keep in mind that this is definitely a generalized version.
Not all schools follow this, some do more while others do less.

KEA CURRICULUM:

CORNER STONE WEAPONS
Single stick
Double stick
Training knife standard grip
Training knife reverse grip
Empty hand

SKILL SETS
One hand
Two hand
Footwork
Arm Tapping
Lock Flow

THEORY
Flow
Transfer
Add-On
4 Ranges of Combat
Defang the Snake

TRAINING METHODS
Shadow
Target practice
Partner drills
Sparring
Competition

------------------------------------
KEA is known around the world for it's first class stick and knife skills.
KEA is currently taught to the Filipino military and Police.
It is also taught to many military and Police groups around the world.
It is primarily a weapons based system but there is an empty hand portion as well.
KEA is relatively simple and easy to learn.

エスクリマは何ですか?

エスクリマ

エスクリマは何?
エスクリマはフィリピンから来る武術であります。
エスクリマとカリとアルニスは名前が違うだけで同じものです。
エスクリマは一日目からでもすぐにスティックで練習する武器中心の武術です。
でも素手の技術はきちんとあります。

軍隊格闘技なの?
エスクリマはフィリピンの軍隊や警察にも教えられて、アメリカの軍隊格闘技にも取り入れられている。
現代フィリピンの軍隊はテロリストと戦う為にエスクリマを習ってます。

実戦的なの?
エスクリマは古代的や現代的な戦場で試されて、家族の誇りをかけた流派の真剣を使った生死の試合でも何回も試されて、ナイフを使ったギャング達のストリートファイトでも散々試されてからやっと1932年に争いを止める為にドセ・パレスと言う12人の先生達が統一しました。

エスクリマの歴史は?
歴史的にもともとエスクリマは民族武術でありました。
フィリピンの無数の島にいる民族同士の戦いに使われて誕生したものと考えられています。
それからエスクリマは当時ヨーロッパ最強格のスペインから来た剣士のフェンシング影響も強くあります。
そしてもっと後には日本武術の影響もかなりあります。

エスクリマの未来は?
強いとか価値のあるものは難無く取り入れてしまうのがフィリピン武術の考え方なので今ではMMAや特にボクシングを取り入れる様になって来てる。
世界中未だにマチェット、ナイフ、警棒といった武器が使用されてるのでエスクリマは今後にも世界的に軍隊、警察や市民に広まってくと思います。